• 大阪の美容外科で人気の脂肪吸引施術

    太ももは、ダイエットをしても簡単に細くならないと悩むことが多い部位といわれています。



    ただ太ももにたくさん脂肪が付いていると、細身のパンツをきれいに着こなせないです。

    大阪の美容外科では、そんな太ももを細くしたいという方に脂肪吸引が人気を集めています。



    脂肪吸引とは、その名の通り、痩せたい箇所の脂肪を専用の管で吸引する痩身施術です。大阪の美容外科では、吸引する前に生理食塩水で薄めた麻酔液を脂肪層に注入します。そのため、脂肪を十分に柔らかくしてから吸引できるので、体への負担が少ないです。

    術後の出血や腫れなどが生じるリスク、皮膚がでこぼこになるリスク、強い色素沈着が出るリスクも減らせます。

    体から脂肪を吸引するとなると、施術中の痛みを心配される方は多いです。
    しかし、大阪の美容外科では、施術の際は全身麻酔を施してくれます。

    なので、痛みを感じることはなく、脂肪吸引に対する恐怖なども緩和することができます。

    したがって、初めて施術を受ける方でも、気持ちを楽に臨むことができます。
    ただ大阪の美容外科での脂肪吸引後は、患部に水分が溜まってしまいます。

    というのも、術後は脂肪があったすき間に血液や麻酔液、水が溜まっていくからです。

    なので、施術をした翌日にはすぐに来院して、医師に水抜きを行ってもらう必要があります。



    施術から一週間は水が溜まりやすくなるので、こまめにクリニックに通わなければいけないです。
    水を抜く事は大変な作業ですが、術後の腫れを最小限に抑えるためにも大切なことです。